読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高殊勲夫人

水曜日は映画サービスデー。

1950年代の古い映画、『最高殊勲夫人』を鑑賞した。

2016年最後の映画鑑賞。今年は何本映画を観たかな?後で数えてみよう。

角川シネマ新宿にて鑑賞。角川シネマ新宿とシネマート新宿は同じビルのフロア違いにある。最近、この両映画館に足を運ぶことが増えた。きっと来年も何回も来そうだなぁ~。

『最高殊勲夫人』、お話しは結婚相手をめぐるドタバタ劇ってかんじかなー。

主演のお嬢さんのまぁ~綺麗なこと可愛らしいこと愛くるしいことキュートなこと!こんな綺麗な女優さんがいたのか…(*´-`)

お洋服もかわいいし、髪形もかわいいし…美意識高そうだし、ほんと素晴らしい☆

映画のちょうど中盤で地震がありけっこう揺れた。「あれ、上映続けるのかな?どうしよう大丈夫?」とハラハラ。まわりのお客さんもソワソワ。映画館スタッフさんが中に入ってきて様子をみながらソワソワ…。映画は続行、そのまま最後まで鑑賞。鑑賞中、「電車止まってたらどうしよう…(>_<)。新宿から歩いて帰れるかな(>_<)」と、ソワソワ。

無事に電車で帰れてホッ。
茨城で震度 6の大きな地震だったんだ。

2016年最後の映画鑑賞はソワソワした鑑賞だった…。

地震はこわいけど、来年もたくさん映画観ようっと(*´-`)☆

広告を非表示にする