モンパルナスの灯

日曜日は『朝10時の映画祭』へ。

モンパルナスの灯

監督:ジャック・ベッケル
主演:ジェラール・フィリップ

1958年、フランスのモノクロ映画

画家モディリアーニの物語。モディリアーニの絵をデトロイト美術館展で観たばかりなので、モディリアーニってどんな人だったのかな?と、鑑賞するのが楽しみだった。でも悔しいことに途中でちょっと寝てしまった。うわぁ!バカバカ(>_<)!

モディリアーニを演じたジェラール・フィリップと恋人ジャンヌ役の女優さん、二人とも非常に美しく、まさに美男美女。うっとりするような美しさ。素晴らしい!美しさは人に幸せを与える。

映画の始まりに、この映画は実話を基に作られてるけど事実と違う部分もあるよ、みたいな一言コメントがあった。…まぁ、ドキュメンタリー映画でもないもんね。

モディリアーニの愛称は「モディ」。
か、かわいい(*´-`)

モディは絵画の学校に通いながらも毎日お酒におぼれて堕落した日々…。芸術家ってそういうの多いのかな…。それとも時代がそうさせているのかしら。

モディは若くして亡くなる。
途中、ウトウトしちゃって…ハッ!と眼を覚ましたら、モディが病床で今まさに息をひきとるという、そのシーンだった。

うわぁ…(>_<)。

その後、モディの死後に絵画の価値があがると言っていた画商がモディの絵を買い漁っていた。そばではジャンヌが嬉しそうにしている。絵が売れてモディが喜ぶわ、と…。

うわぁ…(>_<)。

死後に絵が売れる、評価されるなんて悲しすぎる。生きてるうちに絵を買ってあげてください!悲しすぎる人生。

映画の一番大切な部分を見逃したような気がする。うーん、悔しい。もう1回観るべきか。悩む。悩む。

f:id:pica-nyan:20161123233211j:plain

広告を非表示にする